平成30年 会長方針

日創研新潟経営研究会 平成30年度 会長方針

新潟経営研究会 会長 早川 千賀子

原点回帰・企業経営を学ぶ会を目指す

〜 顔と顔を合わせ、業績の上がる良い会風をつくる 〜

本部会長方針の中で、田舞本部会長は「社会そのものの変化は今までにないものであり、イノベーションを果たした強い企業の寡占化はさらに進む」と言われています。私たち中小企業は、早急に①自助努力の精神の回復②人財育成の強化③経営理念の浸透④コア・コンピタンス経営の確立⑤ビジネスモデルや商品のイノベーション、この5項目の実践を急がなければいけません。

毎年行われている「業績アンケート」の中で、会員の皆様が日々抱えている問題の多くは「人手不足」「競争激化」「売上減少」「新商品やサービスの開発力」であるという回答をいただきました。まさに人材育成、経営理念の浸透、経営革新を急がなければいけません。

会員全員が挑戦するべき理想をもち、「勉強の苦しみは一瞬だが、勉強しなかった苦しみは一生続く」の言葉の通り、企業経営について熱心に学ぶ仲間であり続け、新潟経営研究会に入って「業績があがった!」「社風が良くなった!」と言ってもらえるような会の活性化に貢献していきます。2018年度は、5つの方針のもと、会員企業の業績向上を通して地域貢献できる団体を目指します。

  1. 4つの委員会の組織力で効果的で効率的な組織運営を行う
  2. 経営方針書作成100%を目指し、企業経営について学びあう会風をつくる
  3. 成功企業から学ぶ例会の開催と、会員同士が学びあう例会の開催
  4. 公式教材、13の徳目朝礼を活用し、ありがとう溢れる社風をつくる
  5. 日創研研修受講の推進と新入会員の増強

 

日創研新潟経営研究会 2018年度 活動方針

 

1 ) 4つの委員会の組織力で効果的で効率的な組織運営を行う

委員会が主役、主導で目標を掲げ、会員の業績向上につながるような活動を行い委員会の活性化に繋げてもらいたいと思います。また、理事会、例会の準備や運営に時間を取られすぎることのないよう、効率的な運営を行うことができるよう常に改革していきます。

  • 担当上長のチェック機能を確立し正副会の質の向上を図る(正副と委員長)
  • 「みんなでつくる例会!」会員全員が役割を持つことで参画意識を高める(担当委員会)
  • 委員会での勉強会や担当例会の情報を発信する(各副委員長)
  • 学びの情報の共有として、可能思考研修、職能研修の受講者情報、受講後の感想共有(各副委員長)

 

2 ) 経営方針書作成100%を目指し、企業経営について学びあう会風をつくる

経営発表大会は、自社の経営計画書を多くの会員の前で発表し、仲間からの温かく、厳しいアドバイスを頂けるところです。このように経営方針書をオープンに発表する団体は他にはありません。

企業経営を学ぶ会であるという趣旨のもと、経営方針書を作成し発表しあうことでお互いの学びとなる場をつくります。まだ作成した事がない会員さんも安心して学べる勉強会を行い、ベテラン会員がアドバイザーとなり若手を育成する環境をつくります。

全国経営発表大会、第4ブロック経営発表大会、新潟経営研究会、委員会、勉強会の場で会員全員が経営方針の発表をする場を作り「共に学び 共に栄える」の理念を浸透していきます。

  • 会員全員が経営方針発表を行うスケジュールを決定(委員会・例会・ブロック・全国)
  • 各委員会に経営方針担当を決め指導・フォローする体制をつくる(歴代会長・ベテラン会員)
  • 全国経営発表大会 発表者10名、オブザーバー12名の促進(経営計画)

 

3 ) 成功企業から学ぶ例会の開催と、会員同士が学びあう例会の開催

「コア・コンピタンス経営を実践されている企業」「社長力・管理力・現場力の三位一体を実践されている企業」、「理念からくる戦略を実践されている企業」から学美、会員同士が学びあい、発表しあう例会を行う事で、企業経営について学ぶ例会を開催します。

月刊「理念と経営」ビジネスモデル討論例会、経営白熱教室例会の開催 (経営理念)

  • レクチャラー例会 および 幸せの心理学TA1日セミナー 計4回の開催
  • 例会出席率80%の達成

 

4 ) 公式教材、13の徳目朝礼を活用し、ありがとう溢れる社風をつくる

日創研経営研究会では、「月刊 理念と経営」「13の徳目朝礼」「ありがとうカード」などの公式教材を活用しての社内勉強会や朝礼の推進で、「ありがとう経営」を目指すには必要なツールとなっています。

  • 「月刊・理念と経営」勉強会の実施と社内導入率60%を目指す (経営理念)
  • 「13の徳目朝礼」社内導入率60%を目指す (ありがとう経営推進)
  • 導入している会員からの導入事例を共有する (各副委員長)
  • 13の徳目朝礼ブロック大会 選手・オブザーバー参加の促進 (ありがとう経営推進)

 

5 ) 日創研研修受講の推進と新入会員の増強

田舞本部会長方針にもありますように、中小企業の受難は続き、どの業種も生き残るのが難しくなっていきます。これからは人財育成、経営理念の浸透、コア・コンピタンス経営の確立、ビジネスモデルの改善改革が急務となり、経営者は学び続けていかなければなりません。本部3大大会での学びはもちろん、会員の正会員化(可能思考研修PSVまでの受講)100%を目指し、さらに職能研修を受講し続け真の黒字経営を目指すことで日創研新潟経営研究会の会員の質を高めていきます。

  • 新しい学びの仲間 新入会員の増強5名  (総務活性化)
  • 正会員(PSV修了)TT研修、職能研修受講の推進 (紹介者・総務活性化)
  • 5月 全国大会in北九州  会員参加20名の促進 (総務活性化)
  • 8月 理念経営戦略セミナー 会員10名の参加促進 (経営理念)
  • 11月 本部特別研修 会員10名の参加促進(経営理念)